ホーム » ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の修理案内

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の修理案内

「ジップが壊れて閉まらなくなってしまった。。」
「角が擦れて縫い目がほつれている」

レザーリフォームでは、このようなルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の修理・加工の依頼、お問い合わせが日々、数多く寄せられます。
革製品の専門家と職人集団であるレザーリフォームが、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の修理について、詳しく解説していきたいと思います。

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の財布の種類・特徴について

ルイ・ヴィトンは、知名度において圧倒的なブランドで、ブランドに興味が無い人でも、品物を見ればヴィトンの品物と分かるほどです。

モノグラム」「ダミエ」「エピ」など、代表的なラインを中心に、様々な商品を展開しており、世界中に顧客がいます。

財布では「ポルトフォイユ・クレマンス」や「ポルトフォイユ・サラ」、「ジッピーウォレット」をはじめとする長財布から、「ポルトフォイユ・ヴィクトリーヌ」、「ポルトパピエ」といったコンパクトな二つ折り、三つ折りの財布まで、幅広いラインナップが展開されています。

修理業者としての視点だと、ルイ・ヴィトンの凄さは、ヌメ革を人気商品として成立させていることだと思います。
タンニンなめしでアニリンのヴィトンのヌメ革は、容易に日焼けし、雨に降られればすぐにシミになってしまいます。

ヌメ革は、経年変化を自分で楽しんで育てていくのが好きな人にはものすごい良い革ですが、あまり一般受けするイメージは今でも持っていませんが、ルイ・ヴィトンだけが別格です。

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の財布の修理について

ルイ・ヴィトンの財布・バッグの修理方法は大きく分けて2つの方法があります。①正規店(並行店)での修理か、②修理専門店での修理です。

正規店(並行店)でご購入されたものでれば、まずは正規のルイ・ヴィトンストアにご相談してみるのが良いでしょう。
ルイ・ヴィトンストアではリペア(修理)サービスを行っており、本物であれば並行輸入品であっても同様のサービスを受けることができます。商品を買った店と別の店に持ち込んでも大丈夫です。持っていくのは品物だけでも大丈夫ですが、場合によっては購入保証書の提示を求められる場合があるので、一緒に持っていきましょう。
基本的には有償ですが、初期不良が認められる場合には無償での対応してくれる場合もあります。

修理窓口のあるルイ・ヴィトンストア(正規店)の住所
ルイ・ヴィトン公式サイトのストア検索ページで調べられます。

修理代の相場については、正規店と専門店、両方に見積もりを出してもらうのが確実ですが、正規店での修理代金は修理専門店の1.2倍~2倍くらい、基本的には正規店の方が少し高いことが多いです。正規サポートの価格が公式サイト上には記載がないため、おおまかな相場を知りたいときは修理専門店の料金表が参考になります。

なお、正規店であっても、修理専門店であっても、状態によっては修理が不可能な場合はあります。ただ修理可能かどうかの基準は正規店と修理専門店とで異なりますし、修理専門店の中でも変わってきます。正規店に断られてしまった場合でも、修理専門店の場合には修理ができる場合がありますので、幾つかの店舗に相談してみるのをオススメします。

①正規店(並行店)のポイント

・本物であれば修理受付してくれるが、並行輸入品、海外購入品は修理を受付けない場合がある
・ギャランティ―カードや領収書、購入保証書がないと修理を受け付けない場合がある
・オリジナルのパーツで修理してもらえるが、修理金額が高額になる場合が多い
・見積もりや納期に長く時間がかかる場合が多い

②修理専門店(レザーリフォーム)の特徴

・入手ルートに関わらず修理の受付が可能(保証書等も不要です)
・純正品、純正パーツは再利用、パーツがない場合には類似のものと交換
・修理費用は正規店と比較して安価
・見積もりや納期は正規店と比較すると圧倒的に迅速

まとめ

1. 純正品での修理をお求めの場合はまず正規店に相談
2. 急いで修理が必要な場合は修理専門店に相談
3. お値段を安く抑えたい場合は正規店と修理専門店、両方に相談
4. 正規店に断られても諦めない

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の財布の主な修理内容

ここからはよくあるご相談と料金を紹介していきます。

・スライダー交換
・ファスナー交換
・スナップボタン・留め具交換
・内装交換・修理
・ほつれの修理・再縫製
・染め直し
・破れ補修
・破れ補修(ダミエやモノグラム等の合成皮革)

スライダー交換

ルイ・ヴィトンのファスナーには年代にもよりますがYKKエクセラというものが使用されていますので、ルイ・ヴィトン純正の引手を流用して、スライダー交換(引手の土台部分のパーツ)が可能です。
※ ファスナーは消耗品であるため、本来ファスナー交換で作業するのが一般的ですが、スライダーのみに問題がある場合に限り、レールを交換しなくても、スライダー交換で不具合が直る可能性がありますので予めご了承ください。

【スライダー交換の他の修理案件例】

★ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布のスライダー交換の料金
・財布のスライダー交換:4,400円(税込) /1ヶ所
※ YKKのスライダーを使用して、交換します。
既存のファスナーがYKK以外の場合、スライダーのみの交換は難しい場合があります。
その場合、ファスナー交換になります。
※ ルイ・ヴィトン純正の引手を流用して、スライダー交換(引手の土台部分のパーツ)が可能です。

ファスナー交換

ルイ・ヴィトンのファスナーには年代にもよりますがYKKエクセラというものが使用されていますので、純正と同様のファスナーに交換が可能です。
その際、スライダー交換も同時に作業させて頂きます。もちろんルイ・ヴィトン純正の引手を流用させて頂きますのでご安心ください。

★ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布のファスナー交換の料金
・財布のファスナー交換(YKKファスナー代込):6,600円~1万7,600円(税込)/1ヵ所
ファスナーの長さと構造によって金額が決まります。
新しいファスナーは、YKKファスナーの中から、現状に近いものをご用意させて頂きます。

お客様のご希望に沿って、YKKファスナー以外をご用意する場合は追加料金が発生します。
現状、以下のブランドのファスナーがご用意可能です。
(※ 仕入先の都合で、ご希望のファスナーが入手できない場合もあります。)
・YKK
・riri(リリ)
・TALON(タロン)
・Raccagni(ラッカーニ)
・WALDES(ワルデス)
・CLIX(クリックス)

上記以外のブランドも、ご希望がありましたら、お探ししますので、お問い合わせください。
※ ルイ・ヴィトン純正の引手を流用して、スライダー交換(引手の土台部分のパーツ)が可能です。

スナップボタン・留め具交換

ボタンは消耗品であるため、ボタン交換となります。
基本的に在庫のボタンの中から、現状に近いものをご用意させて頂きます。

【スナップボタン・留め具交換の他の修理案件例】

★ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の金具の修理・交換の料金
・財布の金属ボタン、カシメ、ハトメの交換:2,200円(税込)~5,500円(税込)/1セット

金属ボタン(ドットボタン、スナップボタン、ジャンパーホック、バネホックなど) 、カシメ、ハトメの交換料金です。
金属ボタンは、凹凸の片側が壊れている場合は、壊れている片側のみを現状に近いものに交換させて頂きます。

・ボタン修理(ブランド刻印があるほう):6,600円(税込)~/1ヶ所
※ 現物確認後に料金が確定します。

内装交換・修理

ルイ・ヴィトンのお財布の内装は合成皮革となっていて、全く使用していなくても日本のように湿気が多い気候ですと、経年劣化によりベタベタしてしまいます。
合成皮革と比べると劣化しにくい生地に交換させて頂きます。

【内装交換・修理の他の修理案件例】

★ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の内装交換・修理の料金
・小銭入れ部分の裏地交換(裏地代込):7,700円(税込)~/1ヶ所
・札入れ部分の裏地交換(裏地代込):8,800円(税込)~/1ヶ所
・カード入れ部分の裏地交換(裏地代込):8,800円(税込)~/1ヶ所
・内装全交換(裏地代込):2万5,300円(税込)
仕様により金額が変わります。
現状に近い色の生地で交換します。

ほつれの修理・再縫製

力がかかる場所や、よく擦れてしまう場所、、二つ折り財布の折り曲げ部分などは、経年劣化により糸が切れてしまってほつれてしまうことがあります。
そういった場合は、ほつれ再縫製で直すことが出来ます。

★ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布のほつれ補修・再縫製の料金
・財布のほつれ修理・再縫製:2,200円(税込)~/1ヶ所

染め直し

擦れ、退色、シミ、キズなどにより、色が変わってしまった部分を全て染め直す作業になります。
当社で使用している染料・顔料・仕上げ剤は、皮革生産工場で使用されているものをベースとしています。

※ 財布の表面に汚れやゴミなどがある場合、「クリーニング」後の染め直しとなりますのでご注意ください。
※「染め直し」の作業に「コバ補修」は含まれておりませんのでご注意ください。
※ 皮革部分以外の染め直しは現在、作業しておりません。

★ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の染め直し・クリーニング
・財布の染め直し(色が黒):6,600円(税込)
・財布の染め直し(色が黒以外):8,800円(税込)
・財布の染め直し(色が黒以外の2色以上):追加料金+(2200円(税込)× 色数)
・財布の染め直し(エキゾチックレザー(クロコ、リザード、スティングレイ、オーストリッチ等)):(基本料金+追加料金)×2倍
※「染め直し」の作業に「コバ補修」は含まれておりませんのでご注意ください。

・財布のクリーニング:6,600円(税込)
※ クリーニングは表面の汚れの除去になりまして、汚れがある場合は、クリーニング作業後の染め直し作業となります。

破れ補修

財布は折り曲げ部分などの日常的に動かす部分や角が擦れて破れやすくなります。
基本的には破れた部分を似た革で覆い隠す作業方法が一般的になります。

【破れ補修の他の修理案件例】

★ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の破れ補修・革当て補修の料金
・財布の破れ補修:6,600円(税込)~/1ヶ所
革専用接着剤にて接着後、色補正・パテ埋めなどの表面処理で目立たなくさせる作業です。
革が欠損している場合は、革当て補修となります。
また、以下の場合は最低金額が変更となります。
※縫い目に関与する場合:1万3,200円(税込)~/1ヶ所
※ボタンに関与する場合:8,800円(税込)~/1ヶ所

・表面に革当て補修(革代込):3,300円~9,900円(税込)/1ヶ所
表面に似た色の革を当てて縫製する作業です。折り曲げ部分の破れはこの補修方法が一般的です。
破れの範囲が広い場合などは革交換(革代込):3万3,000円(税込)~がお勧めです。
なお、以下の場合は最低金額が変更となります。
※縫い目などに関与する場合(革代込):6,600円~2万2,000円(税込)/1ヶ所

・裏側から破れないように補強:5,500円(税込、革代込)/1ヶ所

破れ補修(ダミエやモノグラム等の合成皮革)

ルイ・ヴィトンの「モノグラム」や「ダミエ」に使われている素材は、本革ではなく綿素材にコーティング加工されたもので、正式名称を「トアル地」と言います。
「シボ」と呼ばれる、シワ状の型押しがあるので、本革のように見えますが合成皮革素材となります。
そのため、経年劣化で負荷が何度も掛かる部分は、剥がれたりヒビ割れが生じます。
この部分にルイ・ヴィトンで使用されているのと同じ合成皮革素材を差し込んで接着してパテ埋めします。

★ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)財布の破れ補修(ダミエやモノグラム等の合成皮革):9,900円(税込)~/1箇所

【破れ補修の修理工程】

レザーリフォームでの参考料金

・スライダー交換 4,400円(税込)〜
・ファスナー交換 6,600円(税込)〜
・スナップボタン・留め具交換 2,200円(税込)
・内装交換・修理 7,700円(税込)〜
・ほつれの修理・再縫製 2,200円(税込)〜
・染め直し 6,600円(税込)〜
・破れ補修 6,600円(税込)〜
・破れ補修(ダミエやモノグラム等の合成皮革) 9,900円(税込)〜
※詳しい修理内容についてはリンクをクリックすると上の詳細説明に移動します。

新着の修理実績

その他、お客様の声・修理実績はこちらからもご覧になれます。
LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン) - お客様の声・修理実績

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のバッグの修理について

ルイ・ヴィトンのバッグの修理についてはこちら。
財布のバッグについての詳細や、料金、日数などを詳しくご案内しています。
LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン) バッグの修理案内

お問い合わせ

    1.お問い合わせ内容


    アイテム(必須)





    ご希望の依頼内容

    添付ファイル


    2.お客様のご連絡先


    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    ご希望のご連絡方法(必須)
    メールでのご返信お電話でのご連絡

    ご希望のご連絡時間

    ※ お電話でのご連絡をご希望の場合のみ選択してください。


    メールフォームでエラーが出てメールが送れない場合は、お手数ではございますが、こちらの外部メールフォームをお試しください。
    外部メールフォームでも送れない場合には、お電話(042-439-9843)ください。