» » ビンテージのラングリッツレザーのパンツ

ビンテージのラングリッツレザーのパンツ

H・O(福岡県 在住)さま

レザーリフォーム様、お世話になります。

先日、リペアをお願いしていたビンテージ・ラングリッツのレザーパンツが手元に戻ってまいりました。

さっそく届いた品物を拝見し、その縫製等々や仕上がり具合を隅々まで考察し、何とも感心する事ばかり…。

それは、こちらが希望していた…大きく逸脱しないディテール~現存する縫製糸を極力残す~勿論、ビンテージファスナーの再利用…etc…を、見事に具現化して頂いた事です。

当初、メールでのやり取りや送ったサンプル程度で、はたしてフィッティング等の概要を先方にお伝え出来るものなのだろうか…?と、いささか懐疑的なところがありました。

…が、届いた品物を手に取り、レザーリフォーム様からご提案された三方詰めでのお直しがやはり大正解だったと確信致しました。

肝心の履き心地はジャスト!…そのひと言でした♪

機会があれば、またレザーリフォーム様を利用させて頂きたいと思います、この度は有難う御座いました。

 

修理内容: , ,
ブランド:
品物: ,
都道府県:
修理内容の詳細

ラングリッツレザーパンツ
・再縫製(キルティングパッドのステッチ全て)
─────────
 ウエスト   41  →  41  現状維持
─────────
 ヒップ   52  →  50  平置き2cm(胴回り4cm)詰め
───┬─────
   │ 付け根   33  →  30  平置き3cm(脚回り6cm)詰め
   ├─────
   │ 太腿   26.5  →  23.5  平置き3cm(脚回り6cm)詰め
 脚幅├─────
   │ ヒザ   24  →  22  平置き2cm(脚回り4cm)詰め
   ├─────
   │ 裾   16  →  16  現状維持
───┴─────
 股上   35  →  33.5  平置き1.5cm(全体で3cm)詰め
─────────

※ ヒップは三方詰めで作業します。キルティングパットは部分的に取り外して再縫製します。
※ 脚幅・股上詰めは、インシームとアウトシーム両側で作業します。
※ 裾のファスナーは一度取り外して再縫製します。キルティングパットは部分的に取り外して再縫製します。
※ ステッチ跡が残ります。