» » バズリクソンズの馬革A-2フライトジャケットの補修

バズリクソンズの馬革A-2フライトジャケットの補修

Y・Fさま(埼玉県 在住)

極厚1.2mm馬革A-2のバズリクソンズM83086です。

90年代のモデルで、古着として購入したのですが、購入時からリブが伸び、フロントのオープンファスナーは下止金が損傷していて、閉じるにはひと手間かかる代物でした。

いずれはリブとファスナーを交換しなければ・・・と思いつつ、オフシーズンにでも頼もうかと思っていたのですが、ある時着用していた自分の写真を見たところ、A-2のリブが伸びたありさまがみっともないことに衝撃(笑)を受け、即レザーリフォーム様に依頼しました。

両袖および裾のリブニットと、フロントファスナーの交換です。
フロントファスナーは、純正のタロンジッパーに使いづらい思いをしていたので、YKKの10号に交換してもらいました。実際、非常にしっかりしたファスナーになり安心して使えています。

ニットパーツは自分では準備しなかったのですが、メールで打ち合わせの結果、レザーリフォーム様にMASHのA-2用ニットパーツを取り寄せていただきました。

結果、総額4万円越えのリフォームになってしまい、当初の目算より高いので、依頼する時は正直不安でした。

しかし仕上がったA-2を手にして、十分に満足しております。
まるで服が生まれ変わったかのようです。
思い出のある服なので、今後も大切に使っていきたいと思います。ありがとうございました。