ホーム » 革ジャンのファスナー修理案内

革ジャンのファスナー修理案内

ルイスレザー サイクロン ファスナー修理前1

「schottライダースのファスナーは修理できる?」
「ライダースのファスナーをゴールドに変更したいんだけど・・・」
「バイクで転んでライダースの袖ファスナーが壊れました」
「666 ライダースのファスナー修理を頼みたいです」

レザーリフォームでは、このように革ジャン、レザージャケット、ライダースジャケットのファスナー(ジッパー)修理や直し方に関するご相談についてもお問い合わせいただいております。
ファスナーは、ジャケットを着用する上では必ず動かす部分なので、それだけ壊れやすいパーツでもあります。
3年以上使用している場合は不具合が出て来る可能性があります。
ここでは革ジャンのファスナー(ジッパー)修理について、詳しく解説していきたいと思います。

レザージャケットのファスナー(ジッパー)の種類・特徴

まず、ファスナーとジッパーは、同じものを指します。
ファスナーは、英語で「fastener」(留め具)を意味する言葉から来ています。一方、ジッパーは、1921年にアメリカのメーカーが命名した元登録商標です。
日本では、1927年に尾道で「巾着 (きんちゃく)」からもじって、ファスナーを「チャック印」として販売したところ評判になり、「チャック」という名前が定着しました。

ファスナーがライダースジャケットに使用されている個所は、主に3ヶ所で「フロントファスナー」「袖先ファスナー」「ポケットファスナー」になります。

フロントファスナー

フロントファスナーは、ジャケットの中心に付いており、革ジャンを脱ぎ着する上で必ず使用する部分です。
フロントファスナーに使われるファスナーとしては、ダブルファスナーとシングルファスナーがありますが、ダブルファスナーは着用後に下から開けることが出来るファスナーのことになります。
壊れやすさはダブルファスナーの方が壊れやすいです。

袖先ファスナー

袖先ファスナーは、レザージャケットの袖口に付いており、開閉することで袖口幅の調整が可能となります。
バイクに乗る際に風が入らないように閉めますが、デザインとして付いている場合もあります。
使用されているファスナーの種類としては、止ファスナーになります。

ポケットファスナー

ポケットファスナーは、ポケットに付いているファスナーになります。ポケット口にファスナーのみが付いている仕様と、片玉縁、両玉縁、の場合もあります。
使用されているファスナーの種類としては、袖先ファスナーと同様、止ファスナーになります。

そんな革ジャンのファスナー(ジッパー)に修理が必要になった場合に、どこに相談したら良いのか、どんなことが出来るのかをここでは紹介していきたいと思います。

レザージャケットのファスナーの修理について

ライダースジャケットのファスナーの修理方法は大きく分けて2つの方法があります。①正規店(並行店)での修理か、②修理専門店での修理です。
正規店に依頼する場合と、一般の修理業者にする場合とで、メリットとデメリットを比較してみましょう。

①正規店のメリット

まず、正規店に依頼する場合のメリット。

  • 本物であれば修理受付してくれるが、並行輸入品、海外購入品はブランドによっては修理を受付けない場合がある
  • ハイブランドなどは、ギャランティ―カードや領収書、購入保証書がないと修理を受け付けない場合がある
  • オリジナルのパーツで修理してもらえるが、修理金額が高額になる場合が多い
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる場合が多い

②修理専門店(レザーリフォーム)のメリット

続いて、一般の修理業者に依頼する場合のメリット。

  • 入手ルートに関わらず修理の受付が可能(保証書等も不要です)
  • 純正品、純正パーツは再利用、パーツがない場合には類似のものと交換
  • 修理費用は正規店と比較して安価
  • 見積もりや納期は正規店と比較すると圧倒的に迅速

③まとめ

以上のように、革ジャンのファスナーの修理については、正規店に依頼する場合と、一般の修理業者にする場合とで、それぞれにメリットがありました。どちらの方法を選択するかは、お客様のご予算やご希望によって異なりますが、正規店でご購入されたものでれば、まずは正規店にご相談してみるのが良いでしょう。

修理代の相場については、正規店と専門店、両方に見積もりを出してもらうのが確実ですが、正規店での修理代金は修理専門店の1.2倍~2倍くらい、基本的には正規店の方が少し高いことが多いです。

なお、正規店であっても、修理専門店であっても、状態によっては修理が不可能な場合はあります。ただ修理可能かどうかの基準は正規店と修理専門店とで異なりますし、修理専門店の中でも変わってきます。正規店に断られてしまった場合でも、修理専門店の場合には修理ができる場合がありますので、幾つかの店舗に相談してみるのをオススメします。

レザージャケットのファスナーの主な修理内容と直し方

  • 革ジャンのファスナーが閉まらない、壊れた
    ファスナーを交換することによって直すことが出来ます。
  • ファスナーの滑りが悪い、固い、引っかかる
    ファスナーの滑りが悪い原因はいくつか考えられますが、ファスナー交換で直ることがほとんどです。
  • ファスナーの引手が取れた
    革の引手の場合、新しく作成取り付けを行うことが出来ます。金属の引手の場合は似たものに交換します。
  • ファスナーを修理して欲しい
    ファスナーは消耗品でファスナー自体を修理することは基本的にやっておりませんので、新しいファスナーに交換で作業させていただきます。

ライダースジャケットのフロントファスナー交換の修理行程

ライダースジャケットのファスナーの主な修理内容として、フロントファスナー交換を題材に、修理工程について紹介していきます。
新しいファスナーは、なるべく現状に近いものをご用意して交換していきます。

具体的な修理工程を見ていきます。

① 「解体」

まずはフロントファスナーを外していきます。ボロボロになっている場所もありますので、破れたりしないように慎重に外していきます。

② ファスナーを取り外し、新しいファスナーを用意します

元のファスナーを取り外したら、新しいファスナーの長さを調整し、必要に応じて上止め、を取り付けて、準備します。
ファスナーの長さの調整は、ムシと呼ばれる金属を一つ一つ外す必要があるため、簡単そうに見えて技術が要ります。

③ 「貼り込み」

新しいファスナーを、本体に貼り込んでいきます。
ファスナーテープの出ている幅と、最終的な見た目が決まる重要な作業です。
貼り込みの段階でズレてしまうと縫製もズレてしまい、後々の工程に大きな影響を与えるので、熟練した職人の技術が求められます。

④ 「縫製」

貼り込みを終えた品物を、ミシンで縫製していきます。
元の縫い目を拾いながら一針ずつ丁寧に縫製していきます。細かい技術と注意を要する手作業です。
熟練した職人が、数ミリ単位の細かな変化を見極めながら、長年の知識と技術で革ジャンを仕上げていきます。この作業もまた、レザージャケットの快適性や耐久性に大きく影響する非常に重要な工程の一つです。

以上、ライダースジャケットのファスナー交換についてご紹介でした。

レザーリフォームでは666、ショット、バンソン、ラルフローレン、サンローラン、マルジェラ、バックラッシュ、エンメティ、クロムハーツ、、その他ブランド問わず、ファスナー修理について、ご相談を承っております。お気軽にご連絡ください。

レザーリフォームで選べるファスナー

レザーリフォームでは、新しいファスナーとして、次のファスナーが選べますので、お気軽にお問い合わせください。

  • YKK スタンダード
  • YKK エクセラ
  • WALDES(ウォルディス)
  • TALON(タロン)※ファスナー代 1万1,000円~
  • CLIX(クリックス)※ファスナー代 1万1,000円~
  • RIRI(リリ)※ファスナー代 2万5,000円~
  • RACCAGNI(ラッカーニ)※ファスナー代 1万8,000円~

レザーリフォームでの修理実績

ショット 革ジャン、ライダースのファスナー修理

 

666 革ジャン、ライダースのファスナー修理

バンソン ライダースのファスナー修理

 

マルジェラ ライダースのファスナー修理

バックラッシュ ライダースのファスナー修理

 

クロムハーツ ライダースのファスナー修理

 

ルイスレザー ライダースのファスナー修理

 

 

 

 

 

 

ラングリッツ レザージャケットのファスナー修理

 

BUCO レザージャケットのファスナー修理

 

エアロレザー レザージャケットのファスナー修理

 

 

 

レザーリフォームでの参考修理料金

修理内容 値段
フロントファスナー交換 1万4,300円(税込・YKK代込)
袖先ファスナー交換 1ヶ所 8,800円(税込・YKK代込)
ポケットファスナー交換 1ヶ所 8,800円(税込・YKK代込)
TALON(タロン)
CLIX(クリックス)
RIRI(リリ)
RACCAGNI(ラッカーニ)
別途ファスナー代がかかりますので、お問い合わせください。

お問い合わせ

郵送で依頼する
持ち込み予約する
1.依頼書
ご注文のお客様は依頼書に必要事項をご記入の上、商品に同封してご発送ください。
依頼書はご印刷いただくか、WEBフォームから事前送信いただくことも可能です。

2.梱包手順
1.商品をビニール袋に包む
2.商品をダンボール等に梱包して依頼書を同封する
3.元払いで発送する
※ 商品受領のご連絡はご指定日の翌営業日になる場合がございます。
3.送付先住所
〒202-0021
東京都西東京市東伏見4-9-4 センチュリー伏見 103号室
株式会社アニミズム レザーリフォーム事業部
TEL:042-428-2669
4.注意事項
※ 郵送料金はお客様のご負担でお願いいたします。
※ 作業に関係のないタグ、ハンガー、箱、保証書は、トラブル防止のためお手元に保管してください。
  同梱されていた場合、全て破棄させていただきます。
※ 現物確認後のキャンセルの場合、着払いでの返送になります。
※ 材料を用意する場合、材料が用意出来てからの納期のカウントとなります。
5.お品物の確認と作業開始に関しまして
ご依頼のお品物が到着しましたら、弊社担当者がお品物を確認させていただいた上でご連絡いたします。
作業上の注意点や確認事項がある場合は、お電話かメールにてご連絡させていただきます。

作業内容が明確になり、注意点をご理解いただいた上で、以下の内容が記載された作業開始のメールをお送りします。

・作業内容
・納期(修理完了品の発送日/受け渡し日)
・作業料金
・お振込先
6.ご入金に関しまして
作業開始のメールに記載されたお振込先に、ご入金をお願いいたします。
入金の期日は特に設けておりませんので、お客様のご都合の宜しい時にお振込下さい。

※作業完了時にご入金が確認できていない場合は、完成品の発送を行うことはできません。
7.修理完了品の発送に関しまして
作業完了次第、発送させていただきます。
発送が完了しましたら、発送番号を記載した発送完了のメールをお送りしますので、ご確認の上、ご依頼品の受け取りをお願いします。

※ご入金が確認できていない場合は、完成品の発送を行うことはできません。
8.営業日時
【営業時間】
4~8月 9時~12時、13時~17時
9~1月 9時~12時、13時~19時
2~3月 9時~12時、13時~18時

土日・祝日の営業日は以下をご確認ください。

1.予約専用サイトにて予約
完全予約制になります。
お持ち込みがご希望のお客様は以下のフォームからご予約ください。
2.ご来店
〒202-0021
東京都西東京市東伏見4-9-4 センチュリー伏見 103号室
株式会社アニミズム レザーリフォーム事業部
TEL;042-428-2669

3.決済方法に関しまして
全額前金制(現金、クレジットカード、キャッシュレス決済可能)となります。
当日、未入金の場合は入金確認後の作業開始となります。
4.修理完了品の発送に関しまして
現在、店舗での受取業務は行っておりません。
作業完了次第、ご予約時にいただいたご住所に発送させていただきます。
発送が完了しましたら、発送番号を記載した発送完了のメールをお送りしますので、ご確認の上、ご依頼品の受け取りをお願いします。

修理料金や作業内容などは、
以下のリンクからご確認ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バッグの修理案内はこちら財布の修理案内はこちら