» コーチ(COACH) バッグの修理案内

コーチ(COACH) バッグの修理案内

0

コーチ(COACH)のバッグについて

コーチのバックは若い女性を中心に人気で、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、ミニバッグ、ポーチなど、革本来の持ち味を生かしたバッグが特徴です。

「シグネチャー」、「スワッガー」「オブアート」など豊富なデザインも魅力です。

コーチ(COACH)のバッグの修理案内

ほつれの修理

力がかかる場所や、よく擦れてしまう場所は、糸が切れてしまってほつれてしまうことがあります。

そういった場合は、ほつれ再縫製で直すことが出来ます。

  • コーチ バッグのほつれ再縫製:1,000円~

ファスナー(チャック)の交換修理

ファスナーは愛用しているほど、負荷がかかり続けて壊れてしまうので、コーチの修理の中でも最も多いご相談になります。

COACHのファスナーには引手(手で引っ張る部分)に革やリングがついていることが多いのですが、それらは再利用しての修理となります。
また、ファスナーは純正のファスナー(YKK)と同じものが手に入りますので、一見して修理したとは分からない仕上がりになります。(特殊な色の場合はファスナー取り寄せになります)

  • コーチ バッグのファスナー交換:3,000円~

ファスナーの長さで料金が変わりますので、お問い合わせの際はファスナーの長さをご連絡下さい。

パイピング修理

バッグの外周や端に使用されているパイピングは、一番擦れてしまう個所なので、革が欠損して中の芯が飛び出してしまうことも多いです。

似た革を使用して、破れている個所を覆い隠します。

新しい革と元の革との境目を極力目立たなくするのが職人の腕の見せ所です。

  • コーチ バッグのパイピング修理:4000円~

ハンドル(持ち手、取っ手)交換修理

ハンドルは常に手で触れる個所なので、革の劣化が進みやすいと言えます。
皮脂や汗により変色してしまったり、硬化やヒビ割れ、負荷のかかる付け根部分の破れなど、トラブルは枚挙にいとまがありません。

コーチのハンドルは、平手や丸手、特殊な形状など様々な形がありますが、元の持ち手を分解して型紙として使用することで、同じ形状の持ち手を作ります。

  • コーチ バッグのハンドル交換修理:5,000円/1本~

金具の修理、交換

コーチのバッグとは切っても切り離せないのが金具です。

ターンロックと呼ばれるヒネリ金具や、ショルダー付け根の金具など、金具は可動部で力のかかる場所に使用されており、壊れてしまうと直すことが出来ないと考える方が多いようですが、大抵の金具は直すことが出来ます。

また、メッキの剥げてしまったなどのご相談も多いです。

  • コーチ バッグの金具の修理、交換:1,000円~(写真をお送りください)
  • コーチ バッグの再メッキ加工:3,000円~(金具のサイズと取り外しの難易度で料金が変わります)

コバの補修

コーチのバッグの特徴的な部分は、やはりコバ処理です。
コバとは革の裁断面のことで、持ち手の端や、ショルダーベルトの端など、ゴムのような質感の処理の事です。

コーチのコバは、他のブランドには使われていない処理方法が使われており、日本で一般的に使用されているコバ処理方法では、似たコバに仕上げることは出来ません。

私どもはコバ処理方法を何種類もご用意しておりますので、元の状態に可能な限り近づけることが可能です。

  • コーチ バッグのコバの補修:3,000円~(距離によって料金が変わります)

染め直し(色あせ、色落ち、日焼け、変色)

愛用していくと、日焼けによる変色や、擦れによる色落ちなど、見た目のトラブルも発生してしまいます。
色落ちしているということは、革の表面の保護がなくなっているということになりますので、そのまま放置していると革自体にダメージを負ってしまいます。

早めの染め直しをすることで、長い愛用が可能になります。

  • コーチ バッグの染め直し:1万3,000円~

クリーニング(カビ、黄ばみ、汚れ落とし)

湿気のこもりやすい押入れに保管しておいて、いざ使おうと思ったらカビが生えていた、なんて経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
革製品である限り、カビが生える可能性はゼロではありません。

また、飲み物をこぼしてしまったり、気付いたら黄ばんでいたというご相談も多いです。

  • コーチ バッグのクリーニング:8,000円~

コーチ(COACH)のバッグのメンテナンス、ケアについて

雨に濡れてしまった場合

雨に濡れてしまうと、シミや硬化の原因になってしまいますので、濡れないのが一番いいのですが、濡れてしまった場合のケアについてです。

まず、乾いたタオルで表面を傷つけないように優しく水分を拭き取ります。濡れたまま放置は最悪です。

その後、表面をよく見てみましょう。濡れた部分と濡れていない部分の境界線が輪ジミのように残っていたら、それ以上何もせずにご相談ください。何かすると悪化します。

シミが残っていない様であれば、そのまま直射日光の当たらない風通しの良い場所で自然乾燥です。

ドライヤーを使って乾かす方がたまにいますが、ドライヤーを使うと革が回復不可能のダメージを負うことがありますので、絶対に止めましょう。

保管方法について

コーチのバッグの保管方法は、風通しの良い日陰に置いておくのが一番いいです。

革の可塑性から、型崩れの恐れもありますので、型崩れしないように中に新聞紙などの詰め物を入れておきましょう。

積み重ねるのは、色移りなどのリスクがありますので、オススメしません。なるべく縦に並べて保管するのが良いです。

洗濯、手洗い、水洗いについて

コーチのバッグを自分で洗濯機で洗濯しようとしたり、洗ったりしようとする方がいますが、オススメできません。

挙げればキリが無いほどの様々なリスクがありますので、プロに相談しましょう。