» サイズアップ解体新書

サイズアップ解体新書

レザージャケットの「サイズアップ」とは?

 

 

サイズアップは、似た革を継ぎ足して縫製することにより、小さくて着れないレザージャケットを着れるようにする為の作業です。

 

サイズアップは、一般的な作業であるサイズダウンと違い、寸法通りに詰めるという技術的な面よりも、

「どの革を使用して、どのようにサイズアップするか。」というような、センスが仕上がりに大きく左右する作業でもあります。

 

サイズアップに使用する革は、基本的に在庫にある革の中で、可能な限りお品物に見た目(色やシボ感)が似たものを使用します。

しかし、革の性質上、全く同じ革がありません。

 

また、在庫にある革は、牛革がほとんどですので羊革や馬革、鹿革をご希望の場合、お取り寄せとなります。

上記の理由や、在庫に似ている革がない等の理由で革を取り寄せる場合、革代は全額お客様負担となります。
 

 

革代の目安:1万8,000円程度~

革を取り寄せる納期の目安:1週間~

 

 

 

 

 

 

 

「肩幅サイズアップ」関して

 

 

○「肩幅サイズアップ」は、片側1.5~2.5cm 程度の出し幅が一般的です。

※ 肩幅サイズアップのみ作業する場合。

★肩幅サイズアップの料金:2万8,080円(税込)~

※ アームホールにステッチが入っている場合の追加料金は3,240円(税込)になります。
■ エポレット(肩章)仕様:サイズアップの分だけ、エポレットを長くして、新しく似た革で作り直す場合の追加料金は8,640円(税込)になります。

※エポレット仕様の場合でも、現状の長さで良い場合や、取り外す場合などは追加料金は発生しません。

 

背面アクションプリーツ仕様 :サイズアップの分だけ、背面アクションプリーツを長くして、新しく似た革で作り直す場合の追加料金は1万7,280円(税込)~になります。

※背面アクションプリーツ仕様でない場合、発生しません。

 

 

 

「身幅サイズアップ」関して

 

 

○「身幅サイズアップ」は、脇下から真下に伸びる縫い目に革を継ぎ足して作業します。

★身幅サイズアップの料金:3万1,320円(税込)~
 
※ 身幅を全て(脇下、ウエスト、裾)作業した場合。

 

 

■縫い目新設 :作業を行う縫い目が途中で途切れていて、新しく縫い目を作り、その部分に革を継ぎ足して作業を行う場合の追加料金は4,320円(税込)になります。

■パーツ移動 :作業を行う縫い目が途中で途切れているが、別の部分に縫い目があり、パーツ自体を移動して作業を行う場合の追加料金は7,560円(税込)になります。

※ ルイスレザー サイクロンの場合、裾部分に帯状のデザインがあり、帯部分は両脇に縫い目がなく、背中心に縫い目がありますので上記の方法が一般的です。

 

 

 

 

 

「袖幅サイズアップ」関して

 

○「袖幅サイズアップ」は、袖の内側に伸びる縫い目 = 袖下の縫い目に革を継ぎ足して作業します。

★袖幅サイズアップの料金:2万2,680円(税込)~
 
※ 身幅出しと同時作業時、袖幅を全て(二の腕、ヒジ、袖先)作業した場合。

※ 袖幅(袖先)を作業しない場合、5,400円(税込)減額となります。

 

 

 

 

 

 

「袖丈サイズアップ」関して

 

○ 袖の長さを長くする作業になり、作業方法がいくつかあります。

★袖丈サイズアップの料金:1万7,280円(税込)~
 

 

 

■ 袖先ファスナー仕様:袖丈出しの分だけファスナーとファスナー開閉部の革(ウィンドフラップ)を長い物に交換する場合の追加料金は1万2,960円(税込)~です。

※ ファスナーやウィンドフラップに使用する為の革が在庫にない場合、お取り寄せとなります。その際の金額は全額お客様負担となります。

 

袖先カフス仕様 :袖丈出しの分だけカフスを長いものに交換する場合や、新しくカフスを新設して長さを出す場合の追加料金は3万2,400円(税込)~です。

※ カフスのデザイン、ボタンの材質や種類、ボタンホールの仕様などをフルオーダー出来ます。

 

袖先リブニット仕様 : 袖丈出しの分だけリブニットを長いものに交換する場合や、新しくリブニットを新設して長さを出す場合の追加料金は1万0,800円(税込)~です。

※ リブニットの材質や色など、カタログの中からお選び頂けます。

 

 

■ 切り替えの縫い目で作業 or 縫い目新設 :袖に切り替えの縫い目がある場合や、新たに切り替えの縫い目を作って作業する場合の追加料金は6,400円(税込)です。

※ 袖先にファスナーやカフス、リブニットがある場合でもこの方法が最も一般的です。