» 【トカゲ革編】 エキズチックレザーとは?種類のまとめ

【トカゲ革編】 エキズチックレザーとは?種類のまとめ

0

「トカゲ革」は、爬虫類皮革の中でもポピュラーな素材として人気があり、クロコダイルレザー同様に薄くて軽く、丈夫という性質を備えているエキゾチックレザー(※1)です。

「リザードレザー」とも呼ばれ、細かく粒の揃った独特の体鱗の形状と爬虫類皮革の中でも他の革と比較して発色が非常に良いのも特徴です。

現在世界には16科383属3751種のトカゲが生息しておりますが、革製品に利用されているものは極めて少なく、ワシントン条約上国際取引可能な種は約9種類で、主なものは以下の通りです。

※1:エキゾチックレザーとは、一般的な動物以外の革の総称です。
具体的には、ワニ革、鮫革、蛇革、トカゲ革、エイ革、ダチョウ革、象革、カバ革などの希少性が高くて独特の模様を持つ革になります。
エキゾチックレザーは革の性質も特殊なものが多く、仕立てや加工に専門の知識が必要なので職人や業者が分かれていることが多いです。

○ 「リングマークトカゲ(ミズオオトカゲ)」

リングマークトカゲ(ミズオオトカゲ)

「リングマークトカゲ(ミズオオトカゲ)」は、東南アジア一帯に生息している全長200cm、体重20kgを超す大きな個体で「トカゲ革」の最高級品でハンドバッグ、小物、ベルト、靴等に幅広く使用されています。

背中部分には丸いリング状、及び点状の斑紋が並んでいる為、「リングマークトカゲ」と呼ばれています。

この独特な斑紋を活かしたタイプの革と斑紋を除去して仕上げたタイプの革があります。

また、腹部を割いて背部を革に加工したものを、ベリーカットタイプと呼び、背中を割いて腹部を加工したものをバックカットタイプと呼びます。

ちなみに「リングマークトカゲ(ミズオオトカゲ)」はペットとしても日本に輸入されています。
飼育にあたり法的な規制はない為、誰でも飼う事が出来ますが、力が強いため、飼育には頑丈なケージが必要です。大きな個体ですが動きが俊敏なので脱走に注意する必要もあります。

○ 「アフリカトカゲ(ナイルオオトカゲ)」

アフリカトカゲ(ナイルオオトカゲ)

「アフリカトカゲ(ナイルオオトカゲ)」は、アフリカ大陸に分布するトカゲでは最大種で全長150cmを超す大きな個体です。
背中部分の斑紋は小さな点状で「リングマークトカゲ(ミズオオトカゲ)」のように特徴的斑紋とならないので、多くは斑紋を除去した鞣し仕上げになっています。

染色がし易く、婦人用のアイテムに使用される事が多いです。
ちなみに「アフリカトカゲ(ナイルオオトカゲ)」も日本で飼育可能です。

幼体から飼育すれば、極稀に人間に慣れる個体がいるとされていますが、とにかく気が荒く、扱いにくい種類であるようです。

○ 「テグー(ゴールドテグー)」

テグー(ゴールドテグー)

「テグー(ゴールドテグー)」は、体長60~100cm、体重3.5~4kg程度の個体で光沢のある鱗に黒と金の斑模様があります。
腹部の鱗がボリューム感を持っている為、背中部分を割いて、腹部を活かした革のバックカットタイプが多く使用されています。
主にカウボーイブーツや時計のバンド等に使用されます。