» 合皮と本革の見分け方

合皮と本革の見分け方

0

人工的に革に似せて作られた合皮(人工皮革、合成皮革)と、本革の見分け方って、ご存知ですか?

最近の合皮は、パッと見ではなかなか分かりにくいものが多いですが、見分けるポイントがいくつかあるので、持っている革製品が本革かどうか知りたい方は、参考にしていただければと思います。


見た目で本革を見分ける


見た目で見分ける場合、ポイントになるのは、本革の場合は自然の産物ということです。

そのため、本革の場合は全く同じ模様はありえません。

逆に、合皮の場合、一定の規則正しい模様になりがちです。

シボ感(動物の皮膚のシワ)をよく見て、どのパーツも全く同じシボの場合は、人造皮革の可能性があります。

しかし、本革に型押しを施してある場合もあります。その場合は、本革でも規則正しい模様になります。

見た目で見分けやすいのが、断面を見ることです。断面を見れば、本革かどうかは大体わかります。

合皮の場合、布地や不織布をベースにして表面に樹脂が乗っているので、布と樹脂の境目が見れば分かります。

本革の場合は、連続した層になっており、断面は毛羽立っています。(コバの処理にもよりますが。)

また、裏面を見るというのも一つの手です。裏面を見れば一目瞭然です。

普通は見えないようになっていますので、どうしても見分けたい場合、ポケットの底などを少しほどいてみて、確認してみるのも良いかもしれません。

確認後は手縫いで縫えばOKです。


触り心地で本革を見分ける


本革でも表面の仕上げで、かなり質感が変わってきますが、しっとりと手に吸い付くような質感の場合は、本革の可能性が高いです。

極端な表現ですが、ビニールのような質感の場合は、人工的な革の可能性があります。

また、少しつまんでこすってみると、違いがあります。

本革の場合、裏側は毛羽立った床面になっていますので、こする時に毛羽立ちが邪魔をして、こすりにくいです。

合皮の場合、裏側は不織布や生地になっているので、本革よりもこすりやすいです。


匂いで本革を見分ける


匂いを嗅いでみるのも、一つの手です。

本革の場合、本革独特の匂いがします。対して、合皮の場合は無臭のことが多いです。

本革の匂いを知っている方でなければ、難しいかもしれませんが、結構違いがありますので、確実に本革という品物の匂いを嗅いで、比較してみると良いかもしれません。


番外編


普通は出来ないけど、これをすれば分かるというやり方です(笑)

1. 燃やしてみる

燃やすと、明らかに燃え方が異なります。合皮の場合は樹脂が溶けるような感じで燃えていきますが、本革の場合は、なかなか燃えません。本革は耐熱性がとっても高いんです。

2. 削ってみる

表面でも裏面でも、削ると削った部分の剥がれ方と、毛羽立ち方が全然違います。


簡単でほぼ確実な方法


購入する際に、タグを見るか、店員さんに確認しましょう。